Tatsuya Ogusu

音の海, 形と暴力が私をパレードする

Artificial life without a figure "OTONOUMI" from DUCET SNOW on Vimeo.

現代美術作家,河村美雪さんのパフォーマンス作品 “形と暴力が私をパレードする” において使用された,3次元上に音を浮かべる独自のサウンドシステム「音の海(Otonoumi – the sound of sea)」のプログラマーとして参加させていただきました.

音の海は「姿のない人工生命」というコンセプトのもと,生命を宿した「音」が生と死の空間上を漂い,人間の介入によって成長と衰退を繰り返すサウンドシステムです.空間内の人物や物体の取得にはMicrosoftのKinect,サウンド・ビジュアルシステムにはopenFrameworksを使用しました.

本作品は2013年6/28~30の間,横浜港大さん橋国際客船ターミナル(CIQプラザ)において公演されました.

Member

  • テキスト:河村美雪
  • 音楽:大谷能生
  • 人工生命:音の海
  • 花:江原理恵
  • 行為:大久保愉伊
  • CG:高橋啓祐(Nibroll)
  • 照明:中山奈美
  • 言葉:長屋和彰
  • 造形物:毛利悠子
  • 声:山崎阿弥
  • 波:東京造形大学学生 伊藤玄哉 / 神野紗貴子 / 小鷹菜摘 / 櫻井理恵 / 柴田真里 / 藤原天生 / 村田紗樹 /渡邊まな実
  • 音の海 プログラミング:大海悠太、丸山典宏、小楠竜也
  • コンセプト & ディレクション:河村美雪
  • Related Link